教育に関して考える親

教育に関するうんちく

教育に関して考える親 保育園からを教育の現場として思っておられる方が多いと思いますが、実際には生まれた時から教育につながっていくのだと思っています。愛情を注ぎながら少しずつ人としての有り方などを日常の生活の中で導いていく事だと思います。勿論保育園や学校で倫理も数式も教えていきますが、家庭においての教育も知らず知らずに教えて行っている事になると言えます。算数から始まって国内の歴史にも触れていき、海外の文化の違いや言葉を理解していき、色んな知識を深める事になっていきます。その中で自身の夢や将来の職業等を選択していく事にもつながっていきます。小さな夢も将来には実現可能な夢になっていく可能性も有ります。

勿論恩師となる先生からの指導も大事では有りますが、まずは興味を持つことが一番だと思います。興味を持つことで更に掘り下げて考える・試してみる・検索していく事・読んで覚えていく事も知識を深めるポイントの一つでも有ります。昨今の時代には教師と生徒の年齢層が近く、今の50代の親から見れば先生は逆らう事の出来ないと言った威厳を持っていましたが、時代と共に変化していき、友人に近い恩師となっている時代でも有ります。それゆえに質問等の対応も抵抗なく問う事も出きると言う利点も出てきています。

Copyright (C)2019教育に関して考える親.All rights reserved.