教育に関して考える親

軽度発達障害を持つお子さんの教育。

教育に関して考える親 発達障害と一口に言っても軽度の方から重度の方まで色々な方がいらっしゃいます。まだまだ理解は深まってはいない部分もありますが、それでも大分理解されつつある障害です。重度の方も大変なのは間違いないですが、軽度の方は福祉の力を得にくく定型発達の方に交じってやっていく必要性が出てくる可能性が大きいです。だからこそ、軽度発達障害をお持ちのお子さんの教育については大きな悩みが出てきます。何とか定型発達のお子さんに近づいてほしいと願いつつも、うまくいかないと落胆してしまうという方も少なくありません。

そこで焦ってしまうと、お子さんの自己肯定する力がそがれてしまいます。自信がなくなると新たな事にチャレンジできなりますし、ニート等働きたくても働けない方の多くはこの自己肯定が低い傾向にあります。計算が苦手でも電卓がありますし、漢字が出来なくても最近は大抵はパソコンで入力すれば感じが出てくるのでそこまで漢字を正確に覚えておく必要性もありません。最低限は出来たほうがいいのかもしれませんが、出来なかったとしてもそれをカバーしてくれるアイテムはこの世の中にたくさんあります。

軽度発達障害をお持ちのお子さんの教育に悩んでいるのでしたら、そこを頭に入れて気楽に取り組むのが良いです。また、診断が出ていれば、そういうお子さんが通えるデイサービスもあります。プロの方が考え出した遊びを通した苦手克服等もありますので、お父さんお母さんのみで抱え込まず、プロの力をうまく借りてお子さんの教育に活用するのが良いです。

Copyright (C)2019教育に関して考える親.All rights reserved.